スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「本村ひろ子」さんをご存じですか? 彼女の短歌には 勇気をもらいます


何か

つらいことがあると

「木村ひろ子さん」のことを

思い出すことがあります


そして

「自分も頑張らなきゃ」

って思うんです


・・・・・・・・・・・・

本村ひろ子さんの話


木村ひろ子さんは生後間もなく

脳性マヒになった。手足は左足が少し動くだけ。

ものも言えない。

しかも三歳で父が、

十三歳で母が亡くなった。

小学校にも中学校にも行けなかった。

わずかに動く左足に鉛筆を挟んで、

母に字を習った。


彼女の詠んだ短歌がある。

   不就学 なげかず

              左足に辞書めくり 漢字暗記す 雨の一日を」

左足で米をといでご飯を炊き、

墨をすって絵を描き、

その絵を売って生計を立てた。

自分のためにだけ生きるなら芋虫も同じ と

絵の収入から毎月身体の不自由な人のために寄付をした。

彼女は言う。


「わたしのような女は、

 脳性マヒにかからなかったら、

 生きるということのただごとでない尊さを

 知らずにすごしたであろうに、

 脳性マヒにかかったおかげさまで、

 生きるということが

 どんなにすばらしいことかを、

 知らしていただきました」


・・・・・・・・・・・・・・


世の中には

「すごい人」が

いるものです


今日もがんばろう


★★★★★★★★★★★★★★


今日も 最後まで

読んでいただいて感謝します

もし よろしかったら

クリックを お願いしま~す

     👇           👇           👇 

  

ブログに いつも来ていただいて

ありがとうございま~す・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。